ツボの刺激で改善|尿漏れは継続的なトレーニングで改善できる

尿漏れは継続的なトレーニングで改善できる

医者

ツボの刺激で改善

ウーマン

尿失禁とは自分の意思とは関係なくもれてしまうことを指します。その尿失禁には症状によって異なるのです。そして、症状によって治療方法も違うのです。多くの尿失禁の原因は、加齢による筋肉の低下と運動能力の低下になります。加齢の尿漏れの場合、尿道を支える筋肉が落ちてきて尿失禁は生じてしまいます。また加齢により、女性ホルモンの低下も引き起こします。その他の原因は、妊娠、出産の際に骨盤底筋の損傷になります。これは特に60歳以上の女性に多くみられます。そんな尿失禁の対策となるのが、骨盤底筋体操になります。これはどこの病院も進めている体操となっています。筋肉をつけることで尿失禁が改善可能なのです。尿失禁には腹圧性尿失禁という病気があります。これはお腹に力が入ってしまった場合に尿がもれてしまうことです。くしゃみをしたり、ジャンプを行った際に、漏れてしまうのです。この病気こそ骨盤の筋肉の衰えによって生じてしまう病気なのです。対策方法はトレーニングの方法以外に出産の後にまず骨盤の筋肉を付けることです。早い時点で分かっていればさまざまな対策をとることができます。また最近の尿疾患の対策方法にはツボを刺激して治していく方法があります。これは骨盤底筋の再生を促すツボを刺激することで改善していきます。直接薬で治すよりも体の中から鍛えて再び健康な体を作ることで改善を目指している女性が増えてきています。そして、これからは定期的な運動に尿失禁にならないためのトレーニングを病院で教えてもらいましょう。